ときわ公園(宇部の彫刻)カテゴリの記事一覧

重力空間−赤


ときわ公園、正面入口の道路を渡った所に設置してあります。

juryoku.jpg

1997年、内田 晴之作「重力空間−赤」

第17回現代日本彫刻展大賞(宇部市賞)

juryoku2.jpg

4つのステンレスの箱の内部に磁石を設置し、反発力を用いて実際には重心のとれていない箱を水平に保っています。

重力から解放され、空中に浮遊する印象を与える作品です。
タグ:彫刻 宇部

翔陽のもとへ


shoyo.jpg

ときわ公園周遊園路スポーツ広場西入口にある彫刻です。

眞板 雅文(まいたまさふみ)作「翔陽のもとへ」

1993年、第15回現代日本彫刻展、宇部市野外彫刻美術館賞

高低二枚の錆びた鉄板の周りに大小19個の丸い石が取り囲むように点々とあります。
これらと周りの風景がいっしょになって作品となり私たちの目を楽しませてくれます。

蟻の城

宇部市民ならみんな知っている昔からある彫刻。

arinoshiro.jpg

1962年、向井良吉(むかいりょうきち)「蟻の城」

設置してあるのは、ときわ公園の芝生の丘。2年に1回開かれる彫刻展の会場です。
向井良吉の「蟻の城」だけは常設されています。

この彫刻は、1963年の「第1回全国彫刻コンクール応募展」の招待作。
宇部市が「宇部」をテーマに制作を依頼したものです。

作者の向井さんは、柳原義達さん、大高正人さんとともにこの展示場をみずからブルドーザーを操って切り拓いたそうです。

できた当時は鉄錆がふいたままでしたが、今は鮮やかな赤の塗料で表面保護されています。
タグ:蟻の城